ネコの認知症、5つの予兆がでたら要注意とその予防!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、トイレの場所が分からなくなっていつもと違う場所にしたり、ごはんをさっき食べたのにおねだりしてくる。飼っている猫の変わった行動に気づいてあれ?人間でいう認知症かしらって思ったことありませんか?

長寿による高齢化が進む猫事情

認知症ってそもそも人間だけの病気と思っていませんか?

犬や猫の長生きさんが増えてきています。一般的にはシニアと呼ばれるのは8歳を超えてからが目安となりますが、

予備医療を中心とした医療の発達や室内飼育や良質なキャットフードによる飼育環境によって今後も平均寿命が延びて高齢化が進むと考えられます。

犬や猫の高齢化も人間と同様、体の機能や心の変化が起きてきることにより病気になるリスクが増えるだけでなく、認知症を発症する可能性も高まります。

犬の場合はお散歩に行くなど行動も飼い主さんと一緒に活発なこともあり、犬の認知症には飼い主さんが気づきやすいのですが、猫はというと静かなところで大人しくじっとしていたり寝ていたりすることが多いので、猫が認知症になっていることに気づかない飼い主さんもいるようです。

では、どの様な症状や行動が現れたら注意しなくてはならないのでしょうか?気になりますね。

人間と同様、猫の認知症はまだ診断が難しい、、、、

現段階有効な投薬がなく治療ができない、、、、

認知症かな?と飼い主が気づくポイント5つと対処法をご紹介したいと思います。



猫にとって病院に行くこと自体がストレスになりますが、度重なる症状が現れたり、おかしいな?と思ったらかかりつけのお医者さんに診ていただきましょう!

一般社団法人ペットフード協会(2018年全国犬猫飼育実施調査)によると、犬の平均寿命が14.29歳、猫に至っては15.32歳と伸びてきています。

目次

●こんな認知症の予兆が出たら要注意!
その1 トイレの失敗をするようになった
その2 食事を何度も要求するようになった
その3 迷ったり、徘徊するようになった
その4 飼い主さんが呼び掛けても応じなくなった
その5 同じ方向に回り続けたり、つまづいたりするようになった
●治療法や対処法は?
・認知症予防のために食べるものに気を付けること
・獣医師がおススメする猫用の認知症予防サプリ
●認知症になりやすい猫の特徴ってある?
●飼い主が気を付けること

(2019/10/5追記)

こんな認知症の予兆が出たら要注意!

その1 トイレの失敗をするようになった

・これまではトイレの場所を間違えたりしなかったのに、トイレを探したり、ほかの場所でするようになった。

・もともと砂漠由来の猫はなるべく体外に水分を逃がさないように腎臓が尿を濃くする機能があります。認知症以外にも膀胱や腎臓の病気の可能性も考え尿検査、血液検査、画像診断などをお勧めします。

・トイレの失敗がある場合は、まずはトイレの場所を増やしたり、猫ドアをつけてトイレに行きやすくしたりすることも大事ですね。

・多頭飼育しているご家庭は猫同士の縄張り争いによって、いつものトイレを利用しづらくなるなどの原因も考えられますので環境の変化などにも注意です。

その2 食事を何度も要求するようになった

・ごはんをさっき食べたはずなのに、何度も要求するようになった。

・大声で鳴いた入りするようになった。

その3 迷ったり、徘徊するようになった

・家のなかで意味もなく徘徊するようになったり、外に出ている子は帰る家がわからなくなったりして飼い主さんに心配することが増えた。

その4 飼い主さんが呼び掛けても応じなくなった

・いつもは呼び掛けたら返事をしてくれたのに返事をしなくなった。悲しいことですが、飼い主さんだと分からなくなっている可能性があります。

・大声で鳴くようになったもそうですが、噛みつくような癖はなかったのに、加齢とともに飼い主や物に噛みつくようになったりと狂暴な一面が出てきた。

その5 同じ方向に回り続けたり、つまづいたりするようになった

・猫は気まぐれな一面があったり、癒しを与えてくれるというイメージがありますが、もともと狩りの習性をもつ優秀なハンターでもあります。徘徊と同様、この様な症状が出始めたら気を付けないといけないですね。猫が行きたがっているかと言って、むやみに外に出すと交通事故などの危険性が増えます。

まずは、大き目のゲージや外に出さないようにしたり、家の猫にとって危険なものを片付けるなどできるだけ危険回避ができるようにしてみてはいかがでしょうか?


治療法や対処法は?

猫の認知症に有効な治療薬というものは残念ながらまだ存在しません。
認知症と知らずに夜中に徘徊や夜鳴きなどをやめさせたいと思って、鎮静剤や麻酔薬を使うことは、認知症を進行させる原因となりますので注意が必要です。

認知症は治療薬などにより完治できるものではないですが、愛猫にこれからもずっと健康で長生きして欲しいと願うのはどの飼い主さんも一緒だと思います。

そのためには認知症を未然に予防するとか現状維持をする対処が大事となってきますね。

認知症は脳機能の低下が起こると起こりやすいと考えられますので、常日頃から飼い主さんとのスキンシップやコミュニケーションによって愛猫の脳を刺激してあげることによって、脳の活性化をさせることができ、認知症予防へとつながります。

また、高齢の猫ともなりますと、認知症だけではなく他の病気などのリスクも増えてきます。ブラッシングなどで愛猫とスキンシップとをとることによって、日ごろから健康状態を把握するとはとても大切ですね。

認知症予防で食べるものに気を付けること

ネコの認知症予防にも人間同様、食べるもには気を付けないといけません。

認知症予防に良いとされる、必須脂肪酸、オメガ3、α-リノレン酸など脳を活性化させるような物質などを摂ることによって、キャットフードの観点から認知症の予防にもつながります。

キャットフード以外にも老後の不安を減らすために猫用・認知症予防サプリメントがありますので、愛猫さんのためにもぜひ試してみては如何でしょうか。

獣医師がおススメする猫用の認知症予防サプリ

愛猫が認知症?不安になる前に猫用の認知症予防をしたい!

愛猫のシニア期・高齢猫サポートには、「DHA」「EPA」「亜麻仁油」「フェラル酸」「ビタミンE」「イチョウ葉エキス」「ビタミンB12」の7種類の有効成分が良いとされています。

飼い主さんにとって、大切な家族だから無添加(無香料・無着色・保存料なし・化学調味なし)にも気を使いたいですよね。

安全性や信頼も重要なところ!GMP(厚生労働省の支援を受けた公益財団法人日本健康・栄養食品協会)認定国内工場生産、ペットフード安全法に基づく生産管理体制で安心なものを選ぶと良いです。

高齢になってから認知症を気にするかもしれませんが、予防と考えると小型猫から大型猫、全猫種がおやつ感覚で美味しく食べれるもので、日ごろから気を付けたいものですね。

家族である猫にとって良いもので毎日一緒に健康で暮らしたいと思う飼い主さんはぜひ下記をご覧ください。

公式サイト>>>

DHA×EPAで愛猫のシニア期をサポート【毎日一緒】



認知症になりやすい猫の特徴ってある?

猫の認知症はワクチンの接種や不妊手術、室内飼育に加え、医療の発達や良質なキャットフードなどにより寿命が延びた結果、認知症の症状が認識された

ということもあり、認知症になりやすい猫の特徴というのは18歳以上に発症事例が多いくらいで人間と同様、分かっていないことが多いようです。

従って、長寿化が進んでいることもあり、認知症は気を付けなければならない病気の一つとなります。

外ネコさんは、平均寿命が5年と短く、認知症を患うことが少ないため、外で見かけることは少ないかもしれません。

飼い主が気を付けること

愛猫と長く一緒に楽しく過ごすためにも、トイレの失敗があっても怒ったりしてはいけません。また、何かを押し付けたり、無理強いすることなく、猫が猫らしくいきていくためにも習性や病気についても理解したうえで受け入れることが大事です。

まずは、普段からコミュニケーションやスキンシップなどにより早期発見できるように心がけ、できるだけ早く気づいてあげて対処できるようにしたいですね。そして認知症の疑いがあったら認知症の知識のあるお医者さんに診てもらいましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お魚たっぷり!モグニャンキャットフード!

愛猫の食欲をそそる香りと味わい ごはんタイムが待ち遠しくなるスペシャルフード モグニャンキャットフード


愛猫の食欲をそそる香りと味わい!プレミアムキャットフード『モグニャン』

コメントを残す