今日の注目記事 2018/12/11-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


▼秋葉原に譲渡型猫カフェ誕生 「不幸な猫減らしたい」 (1/3) – ITmedia NEWS

都会の喧噪(けんそう)から少し離れた千代田区外神田4丁目。JR秋葉原駅から徒歩10分ほどの好立地に10月22日、譲渡型の猫カフェ「ちよだニャンとなるcafe(カフェ)」がオープンした。常時、5~6匹の猫が暮らしている。

建物は昭和27年に建てられ、20数年前に廃業した元旅館「東(あずま)館」を使用。古民家の雰囲気を残しつつ、猫が過ごしやすいよう高所を増やしたりゲージを作ったりし、約1千万円かけて改装した。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/07/news066.html

 

 

▼殺処分ゼロ願う中川翔子「保護猫カフェで猫と出会いを!」|ニフティニュース
https://news.nifty.com/article/entame/12268/12268-146829/

「保護猫カフェで運命のコに出会ってほしいです」中川翔子
「保護猫カフェは、人間の勝手な行動のせいで悲しい思いをしてしまった猫たちに、『二度とそんな思いをさせないようにしたい』と、人間がまた愛情を注げる場所でもあります。そして猫ちゃんは、もう一度人間を信じようとしてくれているので、とても愛らしいんです」

 

 

▼川越で「ねこたま祭!」 募金・収益金を保護猫カフェに寄付 – 川越経済新聞
https://kawagoe.keizai.biz/headline/580/
保護猫活動の一助として12月2日にウェスタ川越(川越市新富町1)で開催された「ねこたま祭!」で集まった寄付金が同8日、保護猫団体「保護猫カフェ・ねこかつ」(新富町)代表の梅田さんに手渡された。寄付金は25万3,427円。

同カフェはペットショップとは異なり、行き場のない猫を保護しケアをしている。時間制で猫と遊ぶこともでき、同時に飼い主を募集している。店内で気に入った猫がいれば譲渡の手続きも行える(条件付き)。毎週、各所で保護猫譲渡会のイベントも開いている。店の収益は猫の保護活動に充てており、今回の寄付金も同様となる。

 

 

▼愛称は「しっぽの森」 さぬき動物愛護センター – 産経ニュース

香川県と高松市が共同で整備を進めている「さぬき動物愛護センター」(同市東植田町)の愛称が「しっぽの森」に決まった。開所日は来年3月10日となった。このほど開かれた浜田恵造知事と大西秀人市長のトップ会談で正式決定した。

https://www.sankei.com/west/news/181207/wst1812070012-n1.html

世界中から高い評価を受けるペットフード オリジン



▼【クリスマスイベント】2018年のクリスマスは銀座の注目イベント「リサ・ラーソンのクリスマス」へ – OZmall
https://www.ozmall.co.jp/xmas/date/article/16626/

優しいタッチの動物がかわいい「Lisa Larson(リサ・ラーソン)」。おなじみのしましま猫、コロンとまんまるいライオン・・・素朴でコケティッシュな動物たちは見ているだけで癒される。そんなリサ・ラーソンの限定ショップが、12月12日(水)~12月25日(火)の14日間、松屋銀座にオープン。

今しか手に入らないクリスマスデザインや、2019年に向けた商品も! 心温まるギフトを探しにいこう。




▼SNSで人気の猫クリエイターが集結!MARK IS みなとみらいで「ねこ休み展 in 横浜みなとみらい」開催 – OZmall
https://www.ozmall.co.jp/yokohama/markis/article/17047/

2018年12月14日(金)から2019年1月14日(月・祝)までの期間限定で「ねこ休み展 in 横浜みなとみらい」を開催。横浜での開催は約1年ぶりとなる中、MARK IS みなとみらい5階の特設会場に人気の猫クリエイターが集結する。クリスマスから年末年始にかけてのひとときを、愛らしい猫たちとともに過ごそう。

 

 

 

▼2匹と実家暮らし「倉持明日香」愛猫が“ねこかぶり”してた! | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

2匹と実家暮らし「倉持明日香」愛猫が“ねこかぶり”してた!

元AKB48の倉持明日香は、「ねこと紅茶とスポーツをこよなく愛する」のが信条。その言葉どおり、自宅には2匹のねこ「しろみ」「うに」が。




▼愛称は「しっぽの森」 さぬき動物愛護センター – 産経ニュース
https://www.sankei.com/life/news/181207/lif1812070011-n1.html

香川県と高松市が共同で整備を進めている「さぬき動物愛護センター」(同市東植田町)の愛称が「しっぽの森」に決まった。開所日は来年3月10日となった。このほど開かれた浜田恵造知事と大西秀人市長のトップ会談で正式決定した。

 

 

▼東京新聞:保護猫カフェ 飼い主探しや触れ合いを 川越、さいたまの2店:埼玉(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201806/CK2018060202000146.html

猫に囲まれながらお茶を楽しめる癒やしの空間「猫カフェ」。川越市とさいたま市に二店を構える「ねこかつ」で客を迎えるのは、新たな飼い主を探す保護猫たちだ。代表の梅田達也さん(45)は「捨てられるなど、生きていく場所のなくなった猫を助けてほしい」と呼び掛けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す