猫の毛質を改善いつまでもツヤツヤ!これが悪化の原因

2018-11-27猫の食べ物猫の食べ物

猫はいつも奇麗好きな動物で有名です。
何時間もかけて毛繕い・グルーミングをしている姿は何とも微笑ましい光景です。
そんな猫ちゃんのグルーミングですが、上手に舌を使っているなぁ~と思いませんか?

どうして、毛並みを奇麗にできるのだろう?
どうして、シャワーも浴びていないのに、いつもいい匂いがするだろう?
などと不思議に思ったことがあるはず。

そんな不思議な毛繕いについて、研究が行われていて、とうとう猫の毛繕いのメカニズムが解明されたのはご存じでしょうか。

どうやって、猫は毛繕いをしている?グルーミングの仕組み

これまでの毛繕いに関する解釈としては、猫の舌にはざらッとしたトゲトゲした突起状のものが、"くし"で髪をとかすような効果があると考えられてきました。
今回の研究で、そのトゲトゲしていたものは"糸状乳頭(しじょうにゅうとう)"というもので、竹の筒を半分に切った竹輪の様な形状をしていることが判明しました。
猫は糸状乳頭の形をいかしてストローの様に唾液を含ませることができ、含ませた唾液を自分の体にまんべんなく行きわたらせることで毛繕いをしているそうです。

猫の舌にそんな機能があるなんて驚きですよね。

さらに、猫の唾液にはさらなる秘密が!

猫の唾液は毛を清潔にするばかりではなく、ノミやごみを取り除いたり、体温を調節する働きがあることも研究により解明されています。
だから、猫はあんなに奇麗な毛並みを保てるのですね。
今回の研究については下記の記事にも書いていますので、ご興味があれば読んでみてくださいね。

でも、毛繕いをしても毛並みが悪い猫がいる

毛繕いをしていれば、毛並みや毛ヅヤが悪くなるはずがないですよね。猫が入念に毛繕いしていても毛並みや毛づやが悪い!ボサボサすることがあります。
とても不思議ですよね?
今回は、猫の毛並みや毛ヅヤが悪くなる原因にどのようなことが考えられるのか?

また、毛並みや毛ヅヤが悪くなってボサボサしてしまった猫の毛並みをツヤツヤ、サラサラにする方法について考えていきたいと思います。

こんな、いつもと違うサインや変化はありませんか?

☑最近、猫の毛並みや毛ヅヤが悪くなった
☑猫が歳のせいでグルーミングをしなくなった
☑おしっこやうんちの色や臭い、量、回数の変化がある
☑下痢や便秘の症状がある
☑体を触ると嫌がる
☑興奮していることが多い
☑落ち着きがない感じがする
☑元気がない
☑引っ越しなど生活環境が変わった
☑先住猫以外に新しい家族ができた
☑キャットフードを変えた
☑おやつなど副食フードばかり食べる
☑水をあまり飲まない
☑鼻水がたくさん出たりくしゃみをする
☑脱毛や抜け毛がいつもより多い
☑フケが多い、毛ヅヤが悪い

まず、猫からのサインをよく観察、獣医師にも相談

いつもと違うサインが出たら、毛並みや毛ヅヤが悪くなる原因として考えられます。よく観察をしてみて症状などが続くようであれば、病院に行くか、電話でも良いのでかかりつけの動物病院で獣医師さんに相談をしてみてください。
毛並みや毛ヅヤが悪くなる原因で思い当たる節があって改善できるものもあれば、病気などによるものもありますので、注意が必要です。

「遺伝」「ストレス」「体調」「栄養バランス」は毛並みや毛ヅヤが悪いとされる原因として考えられます。
これまで「サラサラ」「ツヤツヤ」の毛並みが、「ボサボサ」へと急に悪くなった場合はフードの栄養バランスが良くないことが多いので改善すれば良くなります。

猫にゴハンはあげているよ?と思う方もいらっしゃるでしょうが、愛猫がよく食べるからといって、一般食や副食、おやつなどを摂りすぎてしまうと栄養に偏りが出てしまうので、体調を崩したり毛並みが悪くなる原因となってしまいます。

栄養バランスによる原因がないか、一度、思い当たることがないか考えてみては如何でしょうか。

フードの栄養バランスに問題がある場合は、キャットフードを変えて改善することが多いかと思いますので一緒に考えて行ってみましょう。

私は、失敗から学びました、毛ヅヤと毛並みの改善法

どうして、子猫の毛ヅヤは「ツヤツヤ」なの?

ここで、私も失敗した経験がありますので、今回はそのことについてご紹介したいと思います。
※お急ぎの方は、飼い主さんが愛猫にできる日ごろから改善に取り組みやすい解決法「キャットフードの栄養バランスが悪い」をご確認ください。

実話

子猫と成猫(大人の猫)では、ニオイが違いますよね。
私が飼っていた猫は不思議なことに…..
 成猫なのにずっと子猫のにおいがしていました。  本来であれば、成猫から子猫のニオイはしないはずなんですよね?!

どうして、うちの猫は子猫と生活をしているわけでもなく、
また母猫のおっぱいをもらっているわけでもないのに子猫のにおいがするんだろう???と不思議に思っておりました。
猫の舌の研究の結果が発表されたことで、不思議に思っていたことに納得がいきました。

私のエピソードにあった猫は成猫で私がこれまで一緒に暮らしてきたどの猫よりも身体能力が非常に高く、狩りの能力にも優れていた猫でもありました。
優秀なハンターになるためには、狩りをする際に敵に察知されないことが大事ですよね。

そうしないと、狩りの成功に影響します。
そのためにも入念に毛づくろいをして自分のにおいを消すことが狩りでの成功に大きく左右することを本能的に知っています。

身体能力が高いから優秀なハンターになれるのではなく、ニオイを消す努力を怠らないかが優秀なハンターになる秘訣でしょうね。
うちのハンターも毎日、何時間もかけて毛繕いをしていました。
あまりにも丁寧に毛繕いをしているので、彼に向かって「まだやってるの!?」と言ったこともあるくらい、毎日毎日、長い時間をかけながら丁寧に毛繕いをしていました。

ハンターの習性だったのですね。そこでハッと気づきました!

子猫も親猫にいつもたっぷり毛繕いをしてもらえるのでたくさん舐めて奇麗にしてもらっていますよね。
そのお蔭で子猫の毛並みはポワポワしてますし、毛ヅヤもツヤツヤとしています。

子猫のニオイは親猫の愛情たっぷりの毛繕いによるものと考えられますよね。
それであれば、いつも丁寧に毛繕いしていたうちのハンターの猫も子猫と同じニオイがするのも納得できたという訳です。

やっと、長年私が不思議に思っていたことの答えが見つかって一件落着でした。

毛繕いが大好きな猫の毛並みの悪さに気づいた

ところが、子猫のニオイがするくらい「毛繕い大好きな猫」の毛並みがなぜかボサッっと感…。 と思ったことがあります。
ボサボサの毛並みと気づいた時もいつも通り、毛繕いをしていたので、何でだろう?

毛並みが悪くなる原因を自分なりに考えて改善法を試してみました

体調が原因、気になる場合は病院へ

あまり飼い主さんとしては考えたくない原因の一つになります。

個体差は当然ありますが、基本、猫はキレイ好きなので時間をかけ丁寧に毛繕いをする動物です。
ただし、どんなに毛繕いをしても体調不良やケガをしていると、十分な毛繕いができないため毛並みがボサボサになることが考えられます。

人の1日は、猫の1週間と言いますので「様子を見る」では遅い場合があり手遅れとなることが考えられますので、口内炎や内臓の病気でも毛並みが悪くなりますので、病名までは分からないにしても、いつもと違うなと思ったら動物病院に連れて行くのが一番です。

加齢による原因、油分をブラッシングで改善

猫も年をとればヒトと同様、見た目も老いていきます。
白髪も生えてきますし、少しヨタヨタとしたりします。

うちにいた猫で推定20歳超えの老猫さんがいました。その猫は毛並みがちょっとボサボサしてます。

老猫さんの場合は、皮脂から分泌される油分が不足することが関係している場合がありますので、栄養バランスの良いキャットフードで油分を補給をしながら様子を見ると改善することがあります。

フードを変えても毛ヅヤが良くないというのであれば、油分が全体に生き渡っていないことが考えられますので、毛づくろいを飼い主さんがブラッシングでしてあげると油分が全体にいき渡りますので毛ヅヤよくツヤツヤになります。

うちの老猫も昔は「シャー!」と言ってあまり触らせてもらえませんでしたが、老猫さんになってからは毛繕いが大変になってきたのか、あまり時間を兼ねなくなってしまったので、ブラッシングをさせてくれるようになりやがておねだりする位大好きになりました。

ブラッシングと暖かくした濡れタオルで拭いてあげることも併せてやりますと、効果も高く何より猫も気持ちいいです。

清潔に出来ていると思えれば、猫たちも喜びますし、何よりも飼い主さんがコミュニケーションをとることで老猫の病気の早期発見などにもつながりますので、ぜひやってみてるのはよいかもしれません。
実際に、私が使用していてとても効果のあるブラッシングアイテムとなります。

とても使い勝手もよく効果的ですので、ご参考になれば幸いです。

ねこんさるも使っている優秀アイテム「ビックリするほどきれいに抜け毛が取れます」
私の愛猫はお腹をブラッシングをするのを嫌がるですが、ファーミネータを使うと短時間でできます。
ブラッシングが嫌いな猫も気持ちがいいみたいで、とても喜んでくれるので重宝しています。

栄養バランスが原因、総合栄養食キャットフードで改善

猫と一緒に暮らすようになって飼い主さんの誰もが悩むのはキャットフード問題ですよね。スーパーやネットショップなどでいろいろと販売されていますから、正直どれを選ぶか迷うところです。
毛並みや毛ヅヤが悪い原因がもしかしたら今食べているご飯の栄養が少し足りない可能性がありますので、どのような栄養素が入っているのか確認してみましょう。

猫の嗜好性の高い、副食やおやつなどもたまにあげるのは良いですが、は1日の食事の20%に抑え総合栄養食をメインにすることは健康を考えるうえで大事となりますので、この機会に見直しをしてみては如何でしょうか。
キャットフードを選ぶ際には、栄養バランスの取れた総合栄養食で愛猫の年齢にあったものを与えてることが大事です。

私がフードを選ぶ際の基準は下記のとおりです。

〇良質なタンパク質

〇オメガ3

〇オメガ6

など入っている総合栄養食で猫の体質にあったものを選ぶと良いです。

愛猫に本当によいキャットフードは体調や毛ヅヤで分かる!

ヒトも食生活でカラダが変わっていくように、猫も同様、健康につながります。
猫は話せないので、安全性が高く、猫が食欲をそそるような美味しくて健康に良いものを飼い主が選んで与えるしかありません。

私もフードはかなり迷った時期がありました。
最初からどれが良いなんて分からなかったので、色々買ってみたこともあります。

目を輝かせて、私をチラチラ見ながら「おいしいね!!✨」と言って(多分)食べるフードもあれば、
「要らね…(ぷいっ)」と言ってまったく食べないものまでさまざま…。うっうぅ。

キャットフードは高額なものはすべて体に良いわけではありませんし、それはプレミアムフードだとしてもです。
口コミをみて選ぶというのも間違いではないとは思いますが、愛猫の体調で判断するのが一番だと思います。

キャットフードを変える際はまず数日間試してみて、ウンチのニオイや硬さなどをチェックし、異常がないかを確かめることは重要です。
それで問題がないようであれば、さらに1か月試してみて様子を見てみてください。
必要な栄養バランスが配合されていて愛猫の体質にあったキャットフードであれば、健康的にもなりますし、毛ヅヤもツヤツヤにしてくれます。

本当によいキャットフードというのは体調や毛ヅヤに変化が現れるそうです。

私は、年齢にあったもので安全で安心して与えられるフードを探す際に気を付けているポイントがあります。

〇人間でも食べられる安心

〇安全の食材のみを使用

〇 不必要な穀物・人工添加物はなし

〇徹底した設備・体制でフードの安全を管理

私なりに研究に研究を重ねた結果、うちの猫達が毛並みがボサボサしてなやんでいる時期にキャットフードを変えてみたら毛ヅヤがツヤツヤになりました。

こんなにも違うのか……!っていうくらい変わりました。

毛並みツヤツヤのネコ
写真は、本日の記事で紹介した運動神経抜群のハンター猫ちゃんです

私は毛ヅヤ改善で変えてみたフード「モグニャン」は食欲もそそるみたいで美味しそうに食べていました♪
カラダにあったフードに出会えるとここまで違うんだなと実感しましたので、最近、猫の毛並みや毛づやが気にっている方は一度見てみるのもいいかもしれませんね。

下記記事も参考になれば嬉しいです。

ねこんさるはにほんブログ村のランキングに参加しています。

この記事を広めたい!と思ってくれる人は下記リンクをクリックしていただけますと、あなたの貴重な1票が入りますので、今後の活動にも励みとなります。


にほんブログ村 猫ブログ 猫情報へ
にほんブログ村


2020-01-11更新

2020-01-18更新

2020-01-21更新

このブログに投票