うちのネコ、ボサボサ!? 毛並みが悪くなる3つの原因とツヤツヤ法はコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

うちのネコ、なんか毛並みがボサボサしてる…と思っちゃいました?

基本的に猫は、毛繕いがとても好きで得意で、常に自分を綺麗にしています。

先日、毛繕いの秘密の研究の記事をアップしましたが、
簡単にまとめると、ネコの舌のトゲトゲは今まではクシのような役割でトゲトゲしているだけと考えられてきたけれど、筒を半分に切ったような感じになっており、そこに唾液をたっぷり含ませることで、自分の体にまんべんなく唾液を行きわたらせ、毛を清潔に、ノミやごみをとり体温を調節することが出来るようです。

これは余談ですが、私が飼っていたネコ(名前をむんといいます)は成猫なのにずっと子猫のにおいがしていました。
他のネコたちは成猫ならば子猫臭はしません。
どうして むんは、子猫といるわけでもないのに子猫のにおいがするんだろう???と、不思議でした。
この研究の結果で、納得がいきました。

私のネコ、むんは毛繕いにものすごく時間をかけてました。
毎日毎日丁寧にしていました。
「まだやってるの!?」と何度か言ったこともあるくらい笑
むんは狩りの能力がものすごい高いネコでした。そのため自分のにおいを消すことも大事だったのでしょう。
毎日とても念入りでした。
そして子猫は、親猫にいつもいつもたっぷり舐めてもらいます。お蔭でポワポワしてますよね!
子猫のあのにおいは、親猫の唾液のにおいだったんだと納得しました。
だからいつもいつも丁寧に毛繕いしていた むんは、子猫と同じにおいだったんだ。
私はあのむんのお腹からするにおいが大好きでした。

と、余談はここまでで…

そんな毛繕い大好きなネコのはずなのに、なぜかボサッっと感…。
飼い主としては気になりますよね~。
原因としては、

  1. 病気かもしれない
  2. 年をとった
  3. フードの栄養素が足りない

病気かもしれない

毛繕いをしたいのに出来ず、ボサボサになっているかもしれません。

これは、私が実際感じたことなのですが、
いつも1時間以上丁寧に丁寧に毛繕いしていたネコが、ぼさっとしていました。

私は「フードがいまいちなのかな?」と思ってしまって、フードを変えました。
でも本当はその猫は具合が悪かったんです。
私は彼の具合の悪さに気づくことが出来ませんでした。
あの時気づいていればと悔やまれてなりません。。

病気も色々あります、うちのネコは心臓が悪かったようなのですが、口内炎や内臓の病気も考えられ、「いつもと違うな」と感じたら、すぐに病院へ連れて行きましょう。
毛並みは健康のサインなんですね。

ヒトの1日は、ネコの1週間と言います。
「様子を見る」では遅い場合があります。

 

年を取った

ネコも年をとればヒトと同様、見た目も老いていきます。
白髪も生えてきますし、少しヨタヨタとしたりします。

うちにいる風ちゃんという推定(最低でも)20歳超えの老猫さんは、ちょっとボサボサしてます。
昔は「シャー!」と言ってあまり触らせてもらえませんでしたが、今は触れます笑

キャットフードで油分を補給してあげるのも1つです。
これを機に、キャットフードを変えてみるのもいいかもしれません。

病気でもなく、フードも問題ない、というのであれば、飼い主さんがネコの舌の代わりになって、、といっても舐めてあげるわけではなく笑
ブラシを使ってブラッシングしてあげましょう。

あとは暖かくした濡れタオルで拭いてあげると気持ちが良いと思います。

清潔に出来ていると思えれば、猫たちも喜ぶことでしょう!

 

フードの栄養素が足りない

今食べているご飯の栄養が少し足りないのかもしれません。
一度見直してみるのもよろしいかと思います。

  • 良質なタンパク質
  • オメガ3
  • オメガ6

など入っていると良いですね。

おすすめはこちら、
愛猫の食欲をそそる香りと味わい!プレミアムキャットフード『モグニャン』

あの小さなカラダですから、フードを替えると割と早く効果が分かります。
うちのネコ達も、毛並みがあまりサラサラではない頃があり、フードを変えてみたらツヤツヤのサラサラになりました。
こんなにも違うのか……!っていうくらい変わりました。

ヒトも食生活でカラダが変わっていくように、ネコも同様、健康につながります。
ましてやネコとは言葉が通じないので、なるべくおいしい、なるべく安全な、なるべく健康に良いものを飼い主が選んで与えるしかありません。

私もフードはかなり迷った時期がありました。
最初からどれが良いなんて分からなかったので、色々買ってみました。

目を輝かせて、私をチラチラ見ながら「おいしいね!!✨」と言って(多分)食べるフードもあれば、「要らね…(ぷいっ)」と言ってまったく食べないものまでさまざま…。うっうぅ。

でも「これだ!!」と思えるフードが見つかった時のうれしさはひとしお。
ネコもヒトもヒャッホー!です。

色々与えてみて探りたい、とはいえ、一気に変えすぎるとネコも負担だと思うので、徐々にやっていきましょう!

プレミアムフードを与えていれば長生きする。
というわけではないけれど、必要な栄養素がバランスよく配合されているのですごく助かりますね!

参考になれば嬉しいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る