なぜ、やりすぎ都市伝説でSDGsの18番目を話題にしたのか「死ぬ権利、生きる権利」その理由

 

私が好きな番組に「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説」があります。

そのなかでも、Mr.都市伝説 関暁夫さんのお話がとても好きで、毎回欠かさず見ています。

2019年12月28日に放送されたウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2019冬スぺシャルでMr.都市伝説・関暁夫さんが意味深な発言があり、「SDGsには18番目の目標がある」と話していました

今回、やりすぎ都市伝説で話題になった、

国連が掲げる新世界秩序となるSDGsの目標について関心が高まりつつあります。

SDGsの18番目の目標とは何か??

それを問う前に皆さんへ一つ質問をさせていただきます。

 

「あなたは30年後の2050年、どの様な新世界秩序になっていると思いますか?」

 

もし、この質問について正確な答えをしっているのであれば、ここから先は読む必要はないかもしれません。

あなたはすでにSDGsの18番目の目標がどの様なものか気づいているのだと思います。

逆に、SDGsの18番目の目標を知りたいと思って、やりすぎ都市伝説の放送まで待っている方は、じっくりと読み進めてみてください。

これを読めば、2050年の新世界秩序「死ぬ権利と生きる権利」に向けて、日本がどのような取り組みかを理解することが出来ます。

では、早速見ていきましょう。

新世界秩序に向かってSDGsが世界を変える?!

SDGsとは、「Sustainable Development Goals」の頭文字を繋げた単語でエス・ディー・ジーズと読みます。

 

これまで人類は3度の産業革命を経て、現在、インターネットやデバイスの普及、そしてAIやIoTの急速な進展により第4次産業革命を迎えており、いまの世の中は経済はGAFAM(ガファム)、つまりGoogle、Apple、Facebook、Amazon、Microsoftのビックテック企業により掌握されていると言っても過言ではありません。産業革命について学びたい方は下記に分かりやすい記事がありますのであわせてお読みください。

革新的な技術革命により、私たちの生活は豊かになりましたが、その一方で環境破壊が起こり、地球温暖化が深刻化しています。

地球環境以外にも、世界では人口増飢餓や貧困、健康などの社会問題への解決の糸口が不可欠となっているのです。

WWFの2012年の報告では、世界の人々が日本人と同等の生活をしようとすると、地球が2.3個必要になると言われています。

SDGsは貧困に終止符を打ち、豊かで活力のある未来を目指し、これまでの様な自己の利益を追求するのではなく、地球のため、世の中のためになることを世界各国が協力し新世界秩序を創造しようとしています。

この世界的な取り組みは世界中の誰もが取り残されることなく、誰もが幸せな暮らしを手に入れることができる社会の取り組みとして、日本では、内閣府が「ムーンショット型研究開発制度」を発表いたしました。

ムーンショット型研究開発制度については、後ほど詳しく解説をしていきますが、そこにSDGsの18番目の目標ヒントがあります。

新世界秩序とは何か?

ムーンショットがSDGsの18番目のゴールとなり得るのか?

私たちも今から取り組むどんな必要性があるのか?一つずつ紐解いていきたいと思います。

小江戸・川越の女性のための隠れ家的温活サロン「黄土よもぎ蒸しむん」
黄土よもぎ蒸し むん~Relaxation Salon~埼玉県川越市宮元町36-35スマイルサロン3階 初回限定40分コース3,500円キャンペーン実施中https://www.mun.jp/

人間がロボットと合体する時代がくる?!「もうSFの世界では済まされない」

SDGsとは国連が採決した2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す17の国際目標です。

SDGsの最終目標は「地球上の誰一人取り残さない、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現」を目指しており、世界の抱える社会問題に真正面から目標に向かって国も企業も取り組みを始めているものですが

 

ここで疑問はありませんか・・・・。

 

なぜ、Mr.都市伝説 関暁夫さんが、やりすぎ都市伝説の番組でSDGsの目標を取り上げたのか…。

個人的にはとても良い取り組みだと思いますが、番組のテーマとしては奇抜性がないのも事実ですよね。

ですが、あの放送時点(2019-12-28)で、まだ発表ができないようなビッグニュースがあったとすれば、話は別だと思いました。

注目したいのは『地球上の誰一人取り残さない持続可能で多様性と包摂性のある社会』という言葉です。

地球上にいる人類を、地球から離れたところへ誰一人残さず残さず連れていくために新秩序が必要だ!』とメッセージが読めないでしょうか。

そして放送後、2020年1月23日、内閣府は日本発の破壊的イノベーションの創出「ムーンショット型研究開発制度」の6つの目標を発表しました。

私の中で『ムーンショット型研究開発制度』の目標が『SDGsの18番目』の目標にリンクした瞬間でもあります。

 

ムーンショット型研究開発制度とは、超高齢化社会や地球温暖化問題など重要な社会問題の取り組みの一環として、人々の幸福の基盤となる社会・環境・経済の諸課題を解決に向けて人々を魅了する野心的で、挑戦的な研究を推進する制度となります。

最近、Society5.0の超スマート社会も注目を集めています。人工知能やIoTなど先端技術を駆使し多様なニーズやライフスタイルに合わせた社会課題解決型の創造社会です。詳しくはこちらの記事をお読みください。

日本は日本発のSociety5.0の実現とムーンショット型研究開発制度の目標達成によって、SDGsにおける社会的課題の解決も図ろうと考えています。SDGsはいま現在の社会課題を取り上げていますが、時代とともに課題は変化していきます。

例えば、現在日本では超少子高齢化による人口減少が顕在化し、労働人口の減少や高齢化などの問題が起こっています。

もう少し具体的にいうと、農業就労者は現在平均66.7歳が担っていたり、都市部に人口が集中した結果、地方における過疎化が進行があるなかで、路線の廃止も進んでいます。高齢者による免許返納は年々増加していていますが、地方では生活の足が自動車なので、路線廃止や免許返納は生活ができなくなるなど課題解決に先端テクノロジーを使って、スマート農業で超省力・高品質生産の実現やIoTがもたらす未来の交通インフラのスマートモビリティが登場することにより、自動運転オンデマンド交通の実現やMaaSによる快適な交通手段によって課題の一つ一つを官民が一体となって解決しようとしています。

その解決方法が「Society5.0」であり、「ムーンショット型研究開発制度」です。日本はかつて経済大国としての地位を築き上げましたが、インターネットの普及によりアメリカや中国が市場を牛耳るようになりその差は日に日に大きくなっていっています。

そこで社会的課題を解決しつつ、日本発の破壊的イノベーションによって日本経済の立て直しも図ろうとしているのが、「Society5.0」であり、「ムーンショット型研究開発制度」だということを理解しておくといいと思います。

日本は超少子高齢化への国難に対し、解決方法を探るものですが、世界ではこれまでにない人口増や都市化が進むことで様々な社会的課題を生み出しております。SDGsはそうした社会的課題に対し、解決を図ろうという取り組みになります。

SDGsは人類の最終目標でないことを認識する必要があり、現在、爆発的な人口増に見舞われており、その要因となっている中国やインドにおいても2030年、2050年と時を経るごとに人口減少が起こるとされていることからも、現在の日本での取り組みは世界の社会的課題の先進的な取り組みにもなることから重要な位置づけになると考えられます。

では、日本発の破壊的イノベーションを引き起こす「ムーンショット型研究開発制度」とはどの様なものか見ていきたいと思います。

ムーンショット型研究開発は2050年までに6つの目標を達成する!

AI日本政府が掲げた、破壊的イノベーションであるムーンショット型研究開発が目指す2050年までに達成する目標の6つは下記のとおりです。

【目標1】2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

【目標2】2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現

【目標3】2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現

【目標4】2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現

【目標5】2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

【目標6】2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現

如何でしょうか、人類がカラダや脳、空間、時間の制約から解放された社会の実現を目標にすることを政府が正式に発表するというのは、正に破壊的イノベーションとに相応しい目標と言えるでしょう。

本記事では、上記から目標を抜粋して紹介いたします。

小江戸・川越の女性のための隠れ家的温活サロン「黄土よもぎ蒸しむん」
黄土よもぎ蒸し むん~Relaxation Salon~埼玉県川越市宮元町36-35スマイルサロン3階 初回限定40分コース3,500円キャンペーン実施中https://www.mun.jp/

2050年、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放される社会が実現する

人生100年時代へと向かっていることはご存じかと思います。

インターネットが普及したことで、生活様式は変わり、また人工知能やIoTなどの先進技術によってライフスタイルは様々な価値観を持った人々が自分にあった生活ができる環境を求めています。

これまでにはSFの世界でしか見ることができなかった、ロボットとの融合についてもテクノロジーによって実現が可能な時代へと変わろうとしているのです。

人類の高齢化や人口減少の問題が進む中で、いまの生活や労働力の確保は並大抵のものでないことは想像できるかと思います。

サイバネティック・アバターは、身代わりとしてのロボットや3D映像等を示すアバターに加えて、人の身体的能力、認知能力及び知覚能力を拡張するICT技術やロボット技術を含む概念のことです。

Society 5.0時代のサイバー・フィジカル空間で自由自在に活躍するものを目指していることが特徴です。

2050年までに、多数のアバターを複数の人が遠隔操作する時代がきます。これにより大規模で複雑なタスクを実行するための技術が開発され、その運用に必要な基盤が構築されるようになります。

また、10年後の2030までに、1人で10体以上のアバターを操作できるだけでなく、1体であっても10体であってもその操作の速度や精度は変わらない技術の開発を行うそうです。

その基盤となるのが、低遅延、多数同時接続が可能な5Gとなるでしょう。5Gとはどの様なものか分かりやすく書いた記事がありますので、こちらもあわせてお読みください。

サイバーフィジカル空間とは別に、フィジカル空間においても、ロボット技術で人の身体的能力を最大限に拡張できるロボットとの融合はこれから進んでいきそうです。

これにより、身体的能力だけでなく、認知能力や知覚能力においても強化され、トップレベルまで拡張が可能となりこれまでの社会通念を踏まえた新しい生活様式を迎えることとなるでしょう。

ロボットとの融合の時代は人が身体、脳、空間、時間の制約から解放される社会の実現へと向かっていくことでしょう。

2050年、人類は病気から解放され、「死ぬ権利」と「生きる権利」を得ることになる!

いよいよ、この記事の本題です。ムーンショット型研究開発制度の開発目標2に下記の記述があります。(一部抜粋)

・2050年までに、臓器間の包括的ネットワークの統合的解析を通じて疾患予測・未病評価システムを確立し、疾患の発症自体の抑制・予防を目指す

・2050年までに、人の生涯にわたる個体機能の変化を臓器間の包括的ネットワークという観点で捉え、疾患として発症する前の「まだ後戻りできる状態」、すなわち「未病の状態」から健康な状態に引き戻すための方法を確立する。

 

ムーンショットの目標が実現されると病気になる前の「未病の状態」に戻ることで健康な状態に引き戻すための方法が確立されるのです。

 

人類は死の恐怖から逃れ、生きることも死ぬことも一つの「権利」や「選択肢」になるのかもしれません

 

2050年までにムーンショットの実現は不可能に近く、困難極まりがないということは理解できます。

ですが、これまでも人類は不可能を可能にしてきた実績があります。

ただ1つ言えることは、これまでの歴史が語っているという事です。

成功者は、飢え死にしそうなときでも夢をあきらめない(オリソン・マーデン)

ムーンショット型研究開発制度の由来ともなっているジョン・F・ケネディがムーンショット宣言は、アポロ計画を実現し、人類初の月面着陸を果たしました。
その後、数々のテクノロジーが生まれ社会は大きく発展したことによって現在があります。

日本のムーンショット宣言はアポロ計画と比較しても差がないくらい難易度が高いものですが、あきらめない限り不可能ではないとも思います。
なにごとも、夢をあきらめずに続けることは成功の道といえるのではないでしょうか。

ムーンショットが実現し、人類が「生きる権利」や「死ぬ権利」を手に入れた世界を想像してみてください。

命に限りがあるから、競争原理が働いていたものは数多くあると思います。

一つの地球をこれからもずっと同じ人類が使い続けると考えたとき、今までの傲慢な人類の生き方でいいのでしょうか?

このままずっと何百年も生き続けると考えたとき、人類は本当の意味で惜しみなく協力し、「」をもって行動するのではないかと思います。

そこに人種や所得などの差別がない世界が広がるのではないでしょうか。

利己的主張をするんじゃなくて、地球のために何ができるか!を考える

Kid girl astronaut and Earth planet. Elements of this image furnished by NASA

Mr.都市伝説 関暁夫さんが「やりすぎ都市伝説」の番組内であなたにメッセージを伝えていましたのを覚えていますか?

利己的主張をするんじゃなくて、地球のために何ができるか考えろ!

もう悪いことをしている時間はない!

このメッセージは私たちが、「生きる権利」や「死ぬ権利」を得た世界になってから考えるのでは遅いと思います。
関暁夫さんが番組で何度も言っているように人類の選別は既に起こっていても不思議ではないからです。

誰かのために役に立つ一歩を踏み出すきっかけさえあれば、人は変わることができると思います。

 

「あなたが利己的な生き方を止めたら、どんな人生になると思いますか?」

 

世界は新型コロナウィルスによって未曽有の危機に突入していますが、アフターコロナに向かって一歩前進していく必要があることはあなたも分かっていると思います。

あなたのように、何か小さなことからでも、何かやりたいと願う、意識の高い人は利己的ではない人生を始めています。

ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

あなたの人生に幸あれ!

このブログに投票