新型コロナ対策したい人がマスク完売でもで、自作マスクで代用できる「使い捨てマスク」を5分でつくる方法

インフルエンザも流行しているこの季節、マスクの需要は増すばかり。
そんな時に新型コロナウィルスのニュースで、首都圏ではコンビニもドラッグストアにもマスクは売っていない状況です。
マスクなしで通勤電車で咳一つしようものなら、白目で見られちゃいますよね。

ヤフオクで調べてみたら

なんと、

マスク 超大容量100枚入り、3箱 計300枚が37,000円で売られていた

衝撃です。

それならば、家にあるもので自作しちゃえ

ってことで「ペーパータオル」マスクを作ってみた。

用意するもの

ペーパータオル 1~2枚

輪ゴム 2個

ホッチキス

ご家庭にありますよね??

ペーパータオルでマスクの作り方

用意したものはコチラね

まずは、真ん中に合わせて2つ折りにします

ペーパータオルは2~3枚くらいなら重ねてもOKです

一度広げてから、さらに真ん中に合わせて折ります

折った半分を折り返してね

お好みでジャバラを増やしてもOK

両端に輪ゴムをホッチキスで留めます

完成 あとは広げて装着!




まとめ

ジャバラはもう一回織り込んだ方がよかったかも
装着感は特に違和感はありません。

耳にかけてみてきついとかあれば、ホッチキスの位置を調整する必要あります。

調整することで、お子様から大人まで使用が可能です。

マスクが今回の新型コロナウィルスに効果があるかどうかですね。
本来、マスクというのは「風邪」をひいた人などが、周りにウィルスを広げないため(飛沫感染を防ぐため)につけるものです。
飛沫感染予防には役立つと思います。

マスクの使用後は表面にウィルスがついているかもしれないので、こまめに新しいものに交換をしましょう。
それとあわせて手洗いや、手の消毒、うがいをすることで、予防の効果があがることも科学的に証明されていますのでやってみてください。

 

このブログに投票